歌写 "kasha" ~奏でる写真~

ONE SHOT

一度しかシャッターが押せないとしたら、どう撮りますか?。


先日、万代ジャズフェスティバルというイベントがあり、お友達が出演するというので見に行きました。大御所ミュージシャンがプロデュースし、東京からやってくる実力派バンドと肩を並べてこのステージに立てるというのは、スゴイことなのです。彼らもこのフェスに出演するのが夢だったということで、せっかくだから写真撮ってあげなきゃと、フル装備で出かけたのでした。

熱心な地元ジャズファンが整理券配布から行列を作り、あいにくの天気にもかかわらず開場時刻になると会場を埋め尽くす。確かにこれだけのオーディエンスを前にして演奏するのはさぞかしキモチ良いでしょう。プレッシャーもあるだろうけど、そんなのハネ飛ばす彼らの表情を捉えたい。

が、このイベントは撮影禁止。そういへばばそんな気がしないでもなかったけど、あらためてMCから注意事項でそう言われちゃうと、堂々と撮るわけには行かない。お友達のバンドは肖像権がどうたら言われるようなメンバーではないにせよ、いつも撮らせてもらっているにせよ、ダメと言われていることをやるのはやはり気が引ける。

小さなミラーレスならば、こっそり撮ることもできるだろうけど、フルサイズ一眼に大砲みたいな望遠レンズという、どこから見てもカメラ小僧仕様はかえってアダになりました。撮るならば、カメラバッグからサッと出してパッと撮るしかない。仕方ない、それでいこう。運よく席は最前列のセンター近くを確保できました。この位置ならピアニストは目の前だし、ヴォーカルは確か左手でマイクを持つハズだから右サイドから狙える。。。

演奏が始まったら、どこでどう撮るかアタマの中でシミュレーションする。最初の2曲はまだ調子も出てこないだろうから、その間で全ての準備をする。3曲目、オーディエンスもノッてきた。そろそろ良い感じじゃないか、、、やるか!。バッグの中で手探りで設定して、とにかく失敗だけはしないように。後で修正できることは後でやれるよう、最もリスクが少ない方法を選ぶ。

撮った。

ピアノとヴォーカルのユニットなので、それぞれ一枚だけ撮って、すぐにカメラはバッグに突っ込んだ。ちゃんと撮れているか心配だったけど、ステージが終わるまでプレビューは見なかった。バッグからカメラを出すわけにもいかなかったし、どうせ一枚ずつしか撮れないなら、後は演奏を楽しもうと思ったから。

でも、やっぱり気になっていたので彼らのステージが終わったらすぐプレビューを見ました、、、よかった、とりあへず撮れてる。致命的なミスはなさそうだから、後は家に帰ってからにしよう。でも結局なにも修正しませんでした。だって一枚ずつしか撮ってないのだから、それ以上でもそれ以下でもなかったのです。

c0204031_23492989.jpg


c0204031_23495257.jpg


彼らのユニット名は「ONE SHOT ONE KILLING」。その名の通り、一撃必殺のライブフォトでした。
[PR]
# by panda-dan | 2014-08-19 00:10 | Comments(0)

SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM

たまには機材ネタ、、、つーかハッキリゆって自慢です(笑)。

買っちゃいましよ、SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM。標準レンズは使用頻度が高いワリにCanonの50mm F1.8(撒き餌レンズとゆーらしい)しか持ってませんでした。安いのにとても良く写るレンズなんですが、使っててなんかこう充実感がない。フォーカスがジージーいうのも気になり始めると気になってしまう。写りには関係ないんだけど、撮ってるときのモチベーションも大事だしね。

なーんか良いレンズないかなー、と物色していたら作例を見て背中に電気が走ったレンズがありました。それがこのArt 50mm。もうキレッキレにシャープなんだけど、ボケもふわっとして美しい。細かい評価はわかんないけど、とにかく作例を見れば見るほど欲しくなる。わたし好みドンピシャでした。

c0204031_2044811.jpg


ということでヤフオクであまり使用してない出物があったので落札。届くのが楽しみで楽しみで、クロネコの営業所に受け取りに行ったらそのまま撮影に行こうとカメラも持って出かけ、ダンボールを開けるときのドキドキといったらもう、、、

で、厳重な梱包をバリバリと開けてみると、ああ、中古だもんねリアキャップが純正じゃなくてNikonって書いてあるよ、、、え゛、Nikon?。よく見るとFマウントとも書いてある、、、出品者が間違えてNikon用をCanon用として出品してたのでした(泣)。出品者は平謝りですぐに返品に応じてくれまして、後日、新品を購入いたしまして、こうして無事に使えることになりました。

実は上の作例の前にも実践投入してまして、他はFlickrにもアップしてありますが、いまいち使いこなしていない感じ。やっと少しは納得いく感じで撮れてきました。思わず触りたくなる立体感ですが、触ったらダメですよねw。
[PR]
# by panda-dan | 2014-08-13 20:17 | Comments(0)

暑い夏こそHotなサウンドで

CoolなJazzに対して、今回はHotなRockで。先日、うちのバンドと一緒にステージに立った東京のバンド、the study room、このライブはレコ発ツアーという本格的に活動しているバンドです。他にも地元のバンドと一緒でしたが、彼らだけは際立ったパフォーマンスでした。サウンドだけでなく、動きや表情、カラダと魂の全てを使って音を出している、そんな感じでした。

c0204031_22225959.jpg


出音もすごくて、スピーカーの前にいると鼓膜が破れそうなので耳栓をして撮影。それでもガンガンを伝わってくる音圧。

c0204031_2227481.jpg


「どうだ、聴いてくれ!」という思い。「これでメシ食ってやるんだ!」という気合。ただ好きだというだけでは、どんなにがんばっても、この迫力は出せない。

c0204031_2232343.jpg


夢中でシャッターを切った。彼らの勢いに任せてシャッターを押しただけでは、彼らの思い、気合は伝えきれない。

c0204031_2246353.jpg


音楽にも写真にも生活がかかっていないわたしに撮れるのは、これが限界。そう、簡単に「限界」なんてゆってしまうあたりが、すでに甘いw。

c0204031_22464723.jpg


しかし、だからこそ撮れる写真もあると思う。縛られない、自由なアングルで。
[PR]
# by panda-dan | 2014-08-07 22:49 | Comments(0)

暑い夏こそCoolなサウンドで

なーんとなくですが、ライブって夏と結びつく気がするんです。わたしの場合、冬場は山篭りとなるのでそれ以外の活動ができないというのもありますが、なーんとなく夏は音楽と相性が良い気がします。実際、フェスとか多いし。

当地では新潟ジャズストリートというイベントが夏と冬に開催されます。冬は当然山の予定が入っているのでダメですが、夏の開催は毎年楽しみにしてます。新潟の中心部の街中で複数の会場で同時多発的にライブが開催され、チケット1枚で一日中ライブが見放題。どの会場も満員の盛況ぶりです。

ライブを撮らせていただくようになって2年目、わたし自身もいちおうミュージシャンという面もあり、この1年でたくさんのミュージシャンと仲良くさせていただいてます。ということで今年のジャズストは、そんなお友達のステージを回るだけで精一杯。見たかったけど見ることができなかったステージもたくさんありました。そんな中で撮らせていただいたのがこちら。

c0204031_2257771.jpg


いろんな狙い方がありますが、やっぱり一番自由度が高く、さまざまな構図が狙いやすいのが一番前の席です。しかし会場によっては最前列は1席しかないなんて場所もあり、この会場はまさにそんな感じ。そうすると場所確保のための時間で前のステージが見らんなかったり、、、

c0204031_2304057.jpg


こちらの会場は自由度が高く、あちこちウロウロしながら撮ることができました。が、ステージからも客席が丸見えなので移動にも気を使います。目を三角にして撮影にばかり集中すると、顰蹙をかうような行動をとってしまったり、肝心の音楽がぜんぜん聴こえなかったり。それは楽しくないので、撮る・聴くのバランスが大事ですね。
[PR]
# by panda-dan | 2014-08-06 23:03 | Comments(0)

紫陽花

相変わらず節操なく撮ってます。ライブの次は花です。次はSLあたりかw。

紫陽花、季節感のある花(正確には花じゃないんですよね)ですが、以外と長く咲いてるような気がします。あ~、まだ咲いてる、もぉいいよ、、、的な。ところが写真撮ろうと思うとなかなかいいシチュエーションがありません。道端に咲いているので余計なものが写りこむし、やっぱ雨降ってる日じゃないと雰囲気出ない。

c0204031_23112126.jpg


あまりにポピュラーな花なので新潟に居たころはあんまし気になりませんでしが、佐渡ではちょっと山に入ると、わさっと咲いてます。クルマで通り過ぎると紫陽花のトンネルを通過しているような、、、両サイドが紫陽花だらけ。普段は休日には佐渡に居ないのですが、たまたま夕方に佐渡に居る時間があり、折りしも雨も降ってきたのでGMで撮ってきました。

c0204031_23144756.jpg


紫陽花、、、というか花というと、まぁ一番上のようにアップで色を強めに出すとか、あるいはハイキーでまっしろなカメラ女子的な感じになると思いますが、そーゆー写真はわたしは撮りたくない。かといって紫陽花という花のキャラクターは出したい。つことで2枚目はインクを滲ませたようなイメージで、じめじめ感じが出ればいいかなと。

c0204031_23192297.jpg


ラストは、実にわたしらしいというか、ひねりが入ったというか。雨という感じを存分に出しました。

他にもFlickrにアップしてあります。よろしければどーぞ。https://www.flickr.com/photos/panda-dan/
[PR]
# by panda-dan | 2014-07-10 23:21 | Comments(0)

よぞらのおんがくじかん

久々のブログ更新かも。。。ライブ撮りに行くのも久々な気がします。

夏!ジャズ!てなワケで、地元ミュージシャン仲間のライブへ。「よぞらのおんがくじかん」という、可愛いタイトルのついたライブ、新潟市内のカフェ、Blue Cafeで行われるトリオのステージなんですが、お美しい女性3人のライブということでカメラバッグを持つ手にもチカラが入りますw。この会場は狭いので小編成ユニットが多く、そんなところで5Dのシャッター音が響き渡るのはヤバすぎるんですが、やっぱフルサイズは使いたいので邪魔にならないところから狙う用。席からはシャッター音が皆無のGMを使いました。

c0204031_2265151.jpg


去年から宗旨替えをしてCanonのフルサイズとマイクロフォーサーズの2つのフォーマットを使い分けるスタイルになりましたが、5D Mk2とPanaのGM1でようやく落ち着いた感じになりました。ライブ撮影ではシャッター音がどうしても気になる、、、ウッドベースのソロなんていうと他のパートもグッとボリュームを下げるので、ちょっとした音でも気になってしまいますが、GMのサイレントモードは完全無音なので気にせずバンバン撮れます。

c0204031_22132778.jpg


しかし、立ち位置が限られるのがライブハウス。観客からもプレイヤーからも邪魔にならない場所から狙うので単焦点ではつらい。しかしズームはできれば使いたくない。仕方ないのでその場は引き気味で撮って、後でトリミングしてます。

c0204031_2216274.jpg


撮影が困難なシチュエーションであるほど、なんとかして撮ってやろうと思ってしまいますw。もうこうなってくるとパズルを解いているみたいなもんで、あそこから、ああ狙って撮れた画像は家に帰ってからこうレタッチして、、、結果的に後でレタッチする時には、撮影時に立てた作戦とはまったく違うアプローチになったりするんですがw。

c0204031_2236208.jpg


今月は新潟ジャズストリートというイベントがあります。ミュージシャン仲間もたくさん出演します。撮影がからむと落ちついて音楽を楽しめなかったりもしますが、撮るときは撮る、聴くときは聴く(※)、楽しみたいと思います。そのほかの写真はこちら→https://www.flickr.com/photos/panda-dan/

※THE ALFEEのライブでは「ノルときはノル!聴くときは聴く!」が徹底されており、オーディエンスはとてもメリハリのある、マナーを守ってライブを楽しんでいます。
[PR]
# by panda-dan | 2014-07-02 22:34 | Comments(0)

たまにはのんびり花でも撮ってみようかと、北方文化博物館の大藤ライトアップに行ってきました。

が、大混雑!。考えてみればライトアップ期間最初の週末ですからね、みんな考えることは同じということです。もちろん三脚にデジイチの方々も大勢。とてもじゃないがのんびりなんて構えられません。つーかもうヤル気なしw。

c0204031_21494310.jpg
見物客を外そうとすると、藤の先っぽまで撮れない。んじゃ余計なものはボカしてしまえと開放にすると、あー、どっかで見たような写真だよね~。たぶん、ここに居る三脚デジカメ軍団の皆様も、きっとこんな写真撮ってるんだよねー。

c0204031_21430521.jpg
つーことで本日はしゅーりょー。寒いからさっさとメシ食って帰ろうと仲間と話していると、和装のかわいらしい女性が歩いてきました。会場でお抹茶を点てているブースの看板娘らしく、そーいや入り口で見かけたよーな。さっそく一枚撮らせていただいたワケですが、、、

c0204031_21430546.jpg
ただのツーショット写真じゃつまらん。かといって妙なポーズをお願いするワケにもいかない(笑)。というのを2秒くらいで考えて、背景の藤が入るように。ポーズは娘さんたちにお任せ。わたしの前に仲間が撮っているのでカメラにも慣れて、表情も柔らかくなりました。やー、悪いねM君w。せっかくなのでお抹茶もいただくことに。さらにせっかくなのでお仕事の様子も撮らせていただきました。

c0204031_21430527.jpg
その場でタブレットで見たときも、これは!と思いましたが、家のパソコンで見てもいい感じのツーショットです。娘さんたちの着物の色が藤の色と同系色、だけど紫一色って感じでもないのがよろしいです♪。

もはや藤の花はどーでもよくなりましたがw、最後まで粘っていたらひょんなところで良い写真が撮れました。

[PR]
# by panda-dan | 2014-05-13 21:46 | Comments(0)

音だけで勝負したい

先日、ギター&パーカッション&タップという異色ユニット、 Conguero Tres Hoofersのライブに行ってきました。今代司酒造の酒蔵でのライブということで、これはぜひ撮りたい!とお願いしたところ、ステージサイドから撮らせていただけることに。会場の雰囲気や明るさを掴んでおきたいのでリハから入らせていただきました。

ところが会場が暗い。あたりまえです酒蔵ですから。持ってきたメインの5Dはバッグから出す気にもならず、高感度に強いパナのGM1で勝負します。まぁ、彼らのサウンドを事前に聴いて予習していた段階でシャッター音の目立つ5Dの出番は少ないだろうとは思っていましたが。

3人組、パーカッションとタップにはスポットが当たっていますが、ギターのところは真っ暗。あまりに差が激しいのでメンバーに聞いたところ「ギタリストは音だけで勝負したいというのでスポットは当てないんです、「静」ですね。「動」はパーカッションとタップが担当します」、、、なほるど。確かに事前に見ておいた動画でも黙々と弾くギタリストに対し、パーカッションとタップの激しさが対照的でした。しかしギタリストの出すサウンドは、他の二人のパフォーマンスにも劣らない、力強いサウンドを奏でていました。
c0204031_23052748.jpg
ならば!、わたしはこのギタリストを撮りたい!。一音一音を丁寧に、繊細に、そして力強く奏でる。弦を弾く、ナイロンの弦が揺れる、音の波が空気を貫いて突き進む、、、そんな瞬間を写真で捉えたい。カメラの感度をノイズが目立たないギリギリの6400まで上げ、45mm f1.8の単焦点レンズを使い肉眼でもよく見えないギタリストの表情を捉えようとしました。オートフォーカスも満足に効かないので、わずかに光が反射する場所でオートフォーカスを合わせた後でマニュアルで修正。観客から見えないところで、自らの出す音だけに集中しているギタリストの姿をなんとか捉えました。
c0204031_23055405.jpg
わたしもギター弾きのはしくれ。ギターという楽器をどうやって弾いて、どうすればどんな音が出るのか、少なくとも聴くだけの人よりは細かいところまで知ってるつもりです。そんなわたしだけが撮れる写真、ブログタイトルを「歌写」としたのは、そんな思いがあります。音楽だけでなく、他のジャンルでも表現者として被写体の思いや伝えたいことや雰囲気、空気感、、、そんなことが伝わってくるような写真が撮れるようになりたいです。

[PR]
# by panda-dan | 2014-04-27 23:07 | Comments(2)

ありがとう

展示が終わりました。当日は会場を片付けた後、メンバーに送っていただき港まで直行して佐渡に行っちゃったので、自分の荷物の片付けは次の週末になりました。なんか一週間以上経ってようやく落ち着いた感があります。いやー、お疲れ様でした、じぶんw。

c0204031_23414973.jpg

まずは、今回のタイトルにもありますが「ありがとう」とあちこちに言いたいです。見に来てくれた方々、JACK KNIFE→のお二人、前日から展示を手伝ってくれた写真仲間達。もうどこを向いても感謝感激で、360度円周魚眼でアタマをペコペコ下げたいキモチです。大勢で協力して何かをやるということはよくあることですが、今回はわたしの展示であってわたしが主役(いやあくまで展示だけに限ったことで、実際はJACK KNIFE→とのコラボですが)。わたしのために、わたしの作品のために、みんなが支えてくれました。それがとても嬉しかったのです。

c0204031_23422606.jpg

考えてみると、これまでいろんなイベントをやってきましたが、自分一人が主役となることは全くありませんでした。誰かが主役でそれをサポートするとか、自分を含めたメンバーが全員が主役だとか、そんな感じ。それを一番感じたのは、前日準備で手伝ってくれたカメラ屋店主W氏の一言。「平原さんの展示なんだから、平原さんが指示して!」、、、ああ、そうか、そうですよね。この一言がなかったら、何も考えずただ誰かの指示を待っていたと思います。そうじゃない、わたしの展示なんだ。わたしの好きなようにやっていいんだ。これまでやってきたことは、誰かが中心となってそれをサポートしたり、一緒に相談しながら準備を進めてきましたが、今回はわたしが自由にやっていい。誰も否定しないし、誰も止めない。

c0204031_23440227.jpg

そうやってできあがった空間は、わたし一人の色で埋め尽くされていました。一面に飾られた作品は、当然のことながらわたしの作品だけなのですが、それが信じられません。今まではパソコンの画面でしか見たことのない自分の作品が会場一面に飾られ、プロジェクターにも次々と映し出される様は今まで経験したことで、なんかヒトゴトみたいな感じ。一枚一枚ながめていって、それが全部自分の作品だと認識できてくると、今まで感じたことのないキモチ良さというか達成感というか、なんかそんな感覚が沸いてきます。思い返してみると、この前日準備が終わったところが一番キモチ良かったような気がしますね。当日はあっという間に終わってしまいましたから。

c0204031_23442706.jpg

表現することについては自己満足と周囲の評価という二つの要素があると思いますが(これについてまた別の機会に論じます)、今回の展示について自己満足という点では今までに感じたことのないアドレナリンが分泌された感じがします。表現者として自己満足というのはどちらかというと周囲の評価よりも下だと思っていましたが、この達成感は別物だと思います。そんな究極のワガママが通ったわたしだけの世界を一緒に築いてくれた前述の皆さんに、あらためてお礼を言いたいところです。ホントにホントにありがとう!。

[PR]
# by panda-dan | 2014-04-20 23:45 | Comments(2)

突然ですが、ブログタイトルが変わりました。というのも、昨今の機材総入替でとうとうオリンパスな人ではなくなってしまったので、おりんさんではなくなってしまいました(笑)。歌写でkasha、ライブフォトを撮るわたしにはぴったりだと悦に入っておりましたところ、ググってみたら既に使われておりました。CHAGE & 飛鳥のCHAGEさんが同名の写真集を出してらっしゃるのですね。まぁ、CHAGEさんとはたまたま同じギター持ってたりもする縁なので、別に構わないでしょう(上から目線w)。

さて、やっと展示が終わりました。たった1日でしたがホントにいろいろ勉強になりました。まだ写真もココロも整理がつかないので、これについては後日ゆっくり書きたいと思います。

季節ネタは鮮度の良いうちにUPしないと、、、ということで今回は桜です。みなさんよくおっしゃいますが、桜は難しいですね。あの微妙なピンク色を出すのは大変です。ホワイトバランスやら彩度をいぢって、挙句の果てにはわざとらしい色になるのがオチというw、わたしもダメです。せっかく天気が良いから撮りに行ったのに、青空と桜がちゃんとした色にならない。。。

c0204031_10102350.jpg


だったら最初からちゃんとした色で撮らなきゃいーじゃなーい♪。とゆーことで夜桜ですよ。ライトアップされてるから、そもそもピンクじゃないし、印影もはっきりするから撮りやすい。フィルムだと光量が少ないから大変だけど、デジタルなら問題なし。しかも先週から導入したパナのGM1は高感度にも強いので暗くてもへっちゃら♪。

c0204031_10162222.jpg


場所は新潟市内じゅんさい池。湖面に映る逆さ桜もいいし、なぜか焚き火を焚いているのでそれと絡めるのもいいと思いますが、実際三脚立ててる人も多かったんですが、直球勝負は苦手なので変化球ですw。ここまで暗いと感度12800まで上げてノイズ覚悟で撮るんですがオートフォーカスが効かないのでマニュアルでがんばりました。

c0204031_1043348.jpg


当然、人も大勢いるので(高田公園ほどじゃないけど)、そっちにカメラ向けた方が楽しい。GM1はミラーレスなのにコンデジ程度の大きさだからスナップも撮りやすいですね。タッチパネルでの操作が多いので操作ミスが少々やっかいですが、これは表示とメニューを整理して対処すればよろしいかと。

c0204031_1047373.jpg


こうなってくると、もはや桜じゃありません(笑)。

c0204031_10475458.jpg


桜の季節は短いです。今年も撮れてよかった。
[PR]
# by panda-dan | 2014-04-13 10:30 | Comments(2)