歌写 "kasha" ~奏でる写真~

個展

ひとさまのブログやらFBやらではさんざん宣伝していただいているのに、そういへば自分のブログには書いてなかつた(笑)。個展やります。

そもそもの発端は昨年の新潟ジャズストリート。ただ聴くだけじゃ面白くないと、カメラ持ってって出演者に承諾をいただいて撮らせてもらった。後で写真を見せると「ありがとう♪」と喜んでいただいたので、こちらも嬉しかったんだけど、そこから一歩進んだ反応がありました。それがJACK KNIFE→というユニットでした。

開演するだいぶ前から会場入りしてましたが、次々とステージに運ばれるマネキン、、、いったい何が始まるんだとワクワクし、この時点でかなり絵になりそうだと写欲も沸いてきました。手持ちのレンズで最も自由が利く場所に陣取り、開演前からアングルを決め本番に臨みます。

ステージが始まると、そのパフォーマンスに圧倒。ただの演奏だけでなく、芝居仕立ての構成でジャズというジャンルにこだわらないパフォーマンスは「何か新しいことをしたい!」というパワーに満ちあふれていました。夢中でシャッターを押し、興奮が冷めないうちにレタッチ。後日、写真を送ると、メンバーからすぐに反応が来ました。またぜひ撮って欲しいとのこと。

音楽だけじゃなく、総合的なアートで自分達の世界観を表現したかった彼らは、既に別なカメラマンに撮影をしてもらっていたらしいのですが、どうも納得がいかなかった様子。ところがわたしの写真を見て一発で気に入ったらしく、それがナンなのかは未だにわかりませんが(笑)、オファーが来た次第。そこからあれよあれよという間にハナシがどんどん大きくなって、まさかの砂丘舘でわたしの個展&JACK KNIFE→ライブのコラボイベントが実現することになりました。

当日は26枚の四つ切りサイズの作品と、A1サイズ(一般的なポスターサイズ)という大型作品を2枚を展示します。ポスターサイズはかなり迫力あります、これはちょっとクセになりそう(笑)。展示はJACK KNIFE→の写真ですが、ブック代わりにパソコンでわたしの個人的な作品をスライドショーで流す予定。またプロジェクターも使えるので、こちらでもスライドショーを流します。

これだけでもアマチュアの写真展としてはかなり異端ですが、さらに一発芸なパフォーマンスもやる予定。ライブをリアルタイムで撮影して、撮って出しそのまんまプロジェクターで流します。失敗してもそれがそのまま晒されるという、非常にキケンなパフォーマンス(笑)。wi-fiでデータを飛ばして次々とプロジェクターで見せる予定ですが、電波が届かなかったらライブ終了直後に一気に転送します。レタッチどころかトリミングしてる余裕もありません。

プレイヤーとしても音楽活動しており(できればこっちのオファーが欲しいw)、音楽の内側を知ってるのが強みのわたしが前から考えていたこと。それは「ミュージシャンとカメラでセッションしたい!」。ギターやピアノでアドリブを交わすバンドマンに混じって、わたしはカメラで彼らと共演したい!、それが実現します(電波が飛べばw)。

準備はコワいくらいに順調です。こうなると当日なんかあるんじゃないかと逆に不安になったりw。当日はどんなになるのか今から楽しみです。

c0204031_23121699.jpg
ご来場予定のみなさまへ。
駐車場がありません。近隣の有料駐車場をご利用願います。
ライブは中学生以下の方はご入場いただけません。

来てくれた方に満足いただけるパフォーマンスができるよう
最後まで気合いを入れて準備いたします♪。


[PR]
by panda-dan | 2014-04-01 23:15 | Comments(0)