歌写 "kasha" ~奏でる写真~

ありがとう

展示が終わりました。当日は会場を片付けた後、メンバーに送っていただき港まで直行して佐渡に行っちゃったので、自分の荷物の片付けは次の週末になりました。なんか一週間以上経ってようやく落ち着いた感があります。いやー、お疲れ様でした、じぶんw。

c0204031_23414973.jpg

まずは、今回のタイトルにもありますが「ありがとう」とあちこちに言いたいです。見に来てくれた方々、JACK KNIFE→のお二人、前日から展示を手伝ってくれた写真仲間達。もうどこを向いても感謝感激で、360度円周魚眼でアタマをペコペコ下げたいキモチです。大勢で協力して何かをやるということはよくあることですが、今回はわたしの展示であってわたしが主役(いやあくまで展示だけに限ったことで、実際はJACK KNIFE→とのコラボですが)。わたしのために、わたしの作品のために、みんなが支えてくれました。それがとても嬉しかったのです。

c0204031_23422606.jpg

考えてみると、これまでいろんなイベントをやってきましたが、自分一人が主役となることは全くありませんでした。誰かが主役でそれをサポートするとか、自分を含めたメンバーが全員が主役だとか、そんな感じ。それを一番感じたのは、前日準備で手伝ってくれたカメラ屋店主W氏の一言。「平原さんの展示なんだから、平原さんが指示して!」、、、ああ、そうか、そうですよね。この一言がなかったら、何も考えずただ誰かの指示を待っていたと思います。そうじゃない、わたしの展示なんだ。わたしの好きなようにやっていいんだ。これまでやってきたことは、誰かが中心となってそれをサポートしたり、一緒に相談しながら準備を進めてきましたが、今回はわたしが自由にやっていい。誰も否定しないし、誰も止めない。

c0204031_23440227.jpg

そうやってできあがった空間は、わたし一人の色で埋め尽くされていました。一面に飾られた作品は、当然のことながらわたしの作品だけなのですが、それが信じられません。今まではパソコンの画面でしか見たことのない自分の作品が会場一面に飾られ、プロジェクターにも次々と映し出される様は今まで経験したことで、なんかヒトゴトみたいな感じ。一枚一枚ながめていって、それが全部自分の作品だと認識できてくると、今まで感じたことのないキモチ良さというか達成感というか、なんかそんな感覚が沸いてきます。思い返してみると、この前日準備が終わったところが一番キモチ良かったような気がしますね。当日はあっという間に終わってしまいましたから。

c0204031_23442706.jpg

表現することについては自己満足と周囲の評価という二つの要素があると思いますが(これについてまた別の機会に論じます)、今回の展示について自己満足という点では今までに感じたことのないアドレナリンが分泌された感じがします。表現者として自己満足というのはどちらかというと周囲の評価よりも下だと思っていましたが、この達成感は別物だと思います。そんな究極のワガママが通ったわたしだけの世界を一緒に築いてくれた前述の皆さんに、あらためてお礼を言いたいところです。ホントにホントにありがとう!。

[PR]
by panda-dan | 2014-04-20 23:45 | Comments(2)
Commented by KANAE at 2014-04-21 00:54 x
このたびは、本当にありがとうございました!
あれから、あっという間に二週間以上経過し、そして、いまだに覚めやらぬあの日の、満足感、ちょっと言葉にはどう表したら適当なのか見つからないんですが、ああ~、平原さんと出会えて、そして、音楽やっていて良かったな、と思えた1日でした。
自己満足、って、否定的な意味ばかりじゃないですもんね。
自分が自分に対して納得いくことが出来ることをしているか、って、すごく大事なことだなあと感じるこの頃です。
Commented by だん at 2014-04-21 22:33 x
こちらこそありがとうございます♪。
半年前に初対面でいきなりライブを撮らせてくれと申し出たのが、あれよあれよという間にこんなにスバラしいカタチになったのが、シンデレラストーリーみたいです。

やりたいことに遠慮せず躊躇せず、できるだけまっすぐに進んでいけば道が開ける、そんだけのエネルギーが自分にはあるんだという自信にも繋がりました。ホントに感謝です。