歌写 "kasha" ~奏でる写真~

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

飴色の街

角松敏生というヴォーカリストの曲、こんなタイトルの写真を撮ってみたかった。

ビルの谷間に夕陽が落ちて、闇が全てを覆う直前。さっきまで咳き込むように埃っぽかったコンクリートの街が、一瞬だけ真っ赤に染まり輝き出す。目の前にフィルターをかけたように、何もかもが赤く、そして紫色に変わっていく。そんな街の一瞬を切り取ってみたかった。

c0204031_22432318.jpg


買い物の途中。閉店の時間を考えると、あまりのんびりもしていられない夕方。クルマで街を通り抜けていると、信号がやけに鮮やかに見える。見上げると、昼間の曇天が嘘のような鮮やかな空が赤く燃えていた。信号待ちの間、目の中に見慣れたオリンパスのファインダーが浮かび上がる。リアシートにたまたま機材が放り投げてあったのを確かめて、交差点でUターンをかました。

どこを撮ろう、何を撮ろう、迷っているうちに時間は過ぎる。焦りと期待がごちゃごちゃになったアタマで思いついた川沿いの公園。階段を駆け上がると目の前にはあの曲と同じ景色が広がっていた。


夕陽はゆっくり沈むようで、案外時間がありません。とにかくシャッターを切って、あとは自宅でどうにかしようと思いましたが、やはり焦ると納得できる構図にならんです。縦位置のも良かったんでさんざん迷ったあげく、Picasaの「sunset」に縦位置の方を追加しておきました。
[PR]
by panda-dan | 2009-10-24 23:11 | Comments(4)

「すすき」と打った「薄」と変換されました。ははぁ、確かに存在感薄いかも(笑)。

そんな影の薄いススキさんですが、秋の格好の被写体ですな。んでも、たいてい月とか夕暮れとかの背景と組み合わさったり、ススキさんだけで成り立つ構図というと、考えてみると想像つきません。ススキのクローズアップとか、つまんなさそうだし(笑)。やっぱ影薄いのか。巨匠のススキの写真にいちゃもんつけてたので(笑)、自分でも撮ってみました。

c0204031_17441374.jpg


先日の夜景撮影の前に撮った夕暮れを何枚かPicasaにUPしました。既にUPしてある「twilight blue」は去年だかに撮ったやつで、まだRAWで撮るのがメンドイとjpgで撮って必要ならフォトショでイヂるくらいのやり方をしてたんですが、こっちのがよく撮れてますね。。。
[PR]
by panda-dan | 2009-10-18 17:54 | Comments(2)

夜景

夜景が大好きです。夜は公平に闇を与えてくれる、太陽は貧乏人にはそっぽ向くときがある、、、というのはエリア88というマンガのセリフですが、雪景色が醜いものも全て白くしてしまうように、夜景は醜いものも全て闇が隠して、輝くものだけを浮かびあがらせてくれます。また、夜景の中で輝く灯りのひとつひとつに、そこに今生きている人がいると思うと、なんか勇気が沸いてくるような気がします。

c0204031_0124126.jpg


そんなことを考えながら、シャッターを切った写真をPicasaにUPしました
[PR]
by panda-dan | 2009-10-15 00:22 | Comments(2)

鬱蒼

季節外れのスコールのような大雨が降り出した。慌てて2階の窓を閉めると、外はまるで熱帯雨林(笑)。

c0204031_16284587.jpg


雨は難しいす。雨粒を残そうとシャッタースピードを速めると粒が完全に止まってしまう、少しシャッターを遅くするともう写らない。仕方ないのでアンダー補正とコントラストでどんよりさせてみました。

しかし、これが新潟市内とわ、自宅ながら信じがたい(笑)。
[PR]
by panda-dan | 2009-10-10 16:32 | Comments(2)

神様が降りてきた夕暮れ

朝、雨が降ったが午後からはキレイに晴れ渡った中秋の名月の日。これは夕焼け日和だと、おりんさんを連れ出した。

c0204031_965274.jpg


最初は夕陽だけ撮って帰るつもりが、だんだん調子に乗ってくるうちに、陽が沈んでからもどんどんアイディアが沸いてくる。写真の神様が降りてくると、もう止まらない。結局この後も市内に戻り夜景スポットを散策、22時過ぎまでカメラを持ってウロウロしておりました。

わたしの神様はいまいちツメが甘いらしく、現像してみるとノイズが乗りまくったり、思ったような構図じゃなかったり、、、神様の不始末はパソコンがなんとかしてくれます(汗)。
[PR]
by panda-dan | 2009-10-05 00:13 | Comments(2)

赤ん坊は手ごわい

久々にPicasaの方にUPしました。ちょいと天気の良い休日にカメラを持ってふらっと出かけてみました。新潟の人工構造物で、いい被写体になると思っていたビッグスワンスタジアムです。

c0204031_2334628.jpg


実は手に入れたばかりのレンズを使ってみたくて仕方がなかったという(爆)。で、なにを買ったかというと、見てくれも写りもキテレツなレンズベビー。ヤフオクで見つけて、まぁこれくらいじゃ落ちないだろうとポチっとしたら、気が付いたら「おめでとうございます!あなたが落札しました」。ああ、、、(汗)。

どんなレンズかはリンクを見ていただきたいんですが、とにかくピントが合わないし、思ったような画にならない。トイカメラ的な「どんな画になるか撮ってみないとわからない」とゆーシロモノ。この日を含めていろいろ使っているうちにわかったことは、とにかく枚数を撮ること。そう、数打ちゃ当たる戦法です。

かなり使い方が限定されるし難しいレンズですが、うまいこと撮れると楽しいです。
[PR]
by panda-dan | 2009-10-02 00:06 | Comments(2)