歌写 "kasha" ~奏でる写真~

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

少しは上達したか

今年も行ってまいりました、諏訪湖花火大会。湖の上で打ち上げるという珍しい花火大会で、規模的にも大きく盛大な花火大会です。仲間が桟敷席を取ってくれるので、特に今年はすんばらしい席で見ることができました(多謝)。

水上花火が絵的にオモロいというのもありますが、この花火大会にはカメラを持っていきます。逆に日本一と言われる秋田大曲の花火大会には、コンパクトカメラすら持っていきません。理由はカメラを持っていくと写真の出来ばかり考えてしまうので、純粋に花火が楽しめないから(爆)。ファインダーを通して見る、四角く区切られた花火なんて迫力もなんもありません。でも花火の写真は撮りたいので、いろんなイミで写真を撮りやすい(と思う)諏訪湖の花火では、自分の思い出はギセイにしてカメラ担いでいきます(笑)。

c0204031_8285710.jpg


わたしのようなヘタレは、絞りやらシャッターやらあれこれ試行錯誤しながら、撮影後のプレビューを見て一喜一憂しているので、ちゃんと撮れてるかどうかに意識が集中してしまいます。なので成功写真を見ては「よっしゃ、んじゃこんな感じで次も、、、」となってしまい、家に帰って現像してみると似たような写真ばかりになってしまいます。桟敷で見てると場所を動けないのでなおさらです。

そんな中、ちょっと目線を変えてみたのがこの作品。一瞬で勝負が決まる花火で冒険するのは勇気が要りましたが(わたしの場合ノイズリダクションに時間が取られるのでショット数がかなり少ない)、チャレンジしないといい写真は撮れないのですね。

他の作品はPicasaにUPしました(smoke on the water 2010)が、前年の諏訪湖花火の写真(smoke on the water 2009)と比べてみると、ちったぁ成長したような気がします。
[PR]
by panda-dan | 2010-08-17 20:42 | Comments(2)

banzai lake

花火大会での一コマ。

c0204031_207567.jpg


始まるまでは特にやることもないので、ひたすらヒマとの戦い(笑)。でもこれくらい日が傾いてくると写真スイッチが入ります。このカップルは夕陽に向かってちょうどいい感じにシルエットが出てるのと、見てるとなかなかいいポーズをとってくれるので(笑)、わたし以外にもレンズを向けてたひとが何人かおりました。
[PR]
by panda-dan | 2010-08-17 20:14 | Comments(2)

千の光

前回のブログ、新潟写真部。のオフ会の日にたまたま「千灯まつり」というのが催されており、こりゃ行かないわけにいかないでしょ、ということでみんなとウロウロ。脚持ってくるの忘れたーと思いましたが、撮ってみればなんとかなるもんです。

c0204031_8314626.jpg


手作りの灯籠が通りにずらーっと並んでまして、火を点けるだけでも大変なんですが(いきなり手伝わされた)、なかなか見応え、撮り応えあります。写真ってのは光と影ですので、こういうイベントは楽しいです。

c0204031_025348.jpg


他の作品はPicasaにUPしました(thousand lanterns)。

しかし、このエキサイトもちょっと使い勝手がなぁ、、、引っ越し考えてみようかなぁ。
[PR]
by panda-dan | 2010-08-03 00:37 | Comments(4)

見えなかったものが見えてくる

mixiのコミュで「新潟写真部。」というのがありまして、文字通り新潟で写真が好きなひとが登録してはいるんですが、作品をぽつぽつとアップするくらいで目立った活動とかはしてませんでした。

が、たまたま思いつきで声があがり、とりあえず集まってみようということに。こんなことはたぶん初めてで、おそらく来るのは全員が全員と初対面。仲間ができるのは楽しみではある反面、どんなひとたちが来るんだろうと不安でもあり、いつでもフェードアウトできるよう逃げ道を作りつつ参加(爆)。

c0204031_011497.jpg


ところがいざ集まってみると楽しいひとたちばかりで、サ店で自己紹介したあとは新潟市中心部の古町を撮りに行くことに。10名くらいがそれぞれカメラ片手に街を練り歩く姿は、たぶんかなり目立ってたと思います(笑)。普通に歩けば20分もかからないところを1時間以上かけて歩いてました。

c0204031_8423599.jpg


もっとも半分はこのネコをいぢっていたりしていたワケですが(笑)。

c0204031_8442761.jpg


中心部とはいえ、今は寂れてしまった古町。いつか撮りに行きたいと思っていたものの、たぶんひとりだったらこんなに時間かけて歩くことはなかったと思います。みんなでわいわいやりながら、仲間が撮るのを見ながら自分もカメラを構えていると、こんな風景があったんだ!という発見がありました。

今まで通り過ぎていた風景、もっと違うと思いこんでいた風景、そんな風景に出会えたのも仲間たちのおかげなのかなと思うと、とてもいい時間を過ごせたんじゃないかと思いました。

他の作品はこちら↓
http://picasaweb.google.co.jp/pandadan2/HurumachiTown#
[PR]
by panda-dan | 2010-08-02 00:23 | Comments(2)