歌写 "kasha" ~奏でる写真~

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Doll 2

またコスプレです(汗)。オタクな世界なのは間違いないし、アニメや漫画は好きだしマニアックなところはあるけど、そんなわたしでもやはり抵抗感は拭えない、、、そんな世界ではありますが、レイヤーさんたちはいい人ばかりで接しているととても楽しいし、ポートレートはまだまだ修行が足りないのでポージングとか研究したいし、なんたってニンゲンを撮りたい!。そんな写欲と羞恥心との戦いの場が、わたしのコスプレ撮影です。

c0204031_2373226.jpg


今回は残念ながら駄作ばかりでした。こんな風に書くと撮らせてくれたレイヤーさん達には申し訳ないのですが、わたしのチカラが及ばなかったのは事実でございます、ごめんなさい。何がダメって、まずレイヤーさんの表情を上手に引き出せませんでした。コスプレの場合はキャラを演じるところがあるので表情も作っているワケですが、そういう作った表情すら自然に引き出せなかった、つまりはレイヤーさんが緊張してるんですな。

c0204031_2375339.jpg


それと、撮る側からもっと指示を出すべき。勝手にポーズを取ってくれる慣れたレイヤーさんも多いのでラクはラクですが、よほど慣れた方でないとどこかに隙がある、しっかりポーズ取ってるのでOK出して撮るワケですが、後から見るとなんかいまひとつ、、、ということが多いです。周りの慣れたカメコさんたちが大胆なポーズ(やらしいイミじゃなく)を取らせているのを見ると、わたしは引き出しが少ないなぁと実感します。

c0204031_238968.jpg


今回の会場は体育館みたいなイベントスペースの中にハリボテの背景ブースがたくさんあって、好きなとこを使って撮影できるんですが、このハリボテがまた中途半端で、ちょっと引いて撮るとすぐ欠ける。それがイヤなので近づいて撮ったんですが、かなり窮屈な構図になってしまいました。

c0204031_2382584.jpg


作品を分析すると、まぁこんな感じですが、とどのつまりわたしがどういうキモチで撮っているかに原因がある気がします。最初に書いた抵抗感というのがメンタル的に引っかかっているような気がするんですね。こっから先は書いてしまうとマヅい気がするのでヤメときますが、わたしなりにその抵抗感を打破すべくいろいろ考えて試しています。それが正解なのかどうかはわかりませんが、すぐに結論が出るものでもなさそう。要は経験、そして継続が必要、、、奥が深い世界です。

c0204031_2384170.jpg

[PR]
by panda-dan | 2013-11-27 23:09 | Comments(0)

紅葉

ここんとこニンゲンばっかり撮ってましたが、紅葉はおさえておきたいところ。他の季節と違って紅葉はシーズンが短く、さらに天気や休みがうまいこと重なるというのは考えてみると2日くらいしかない。もう「いつ撮るの?、今でしょ!」という日があったのでアルミケースまるごと持ち出しました。

c0204031_22573248.jpg


行き先は、毎年決まっている中野邸。わたしにとってはここがベストです。最初に行った時の条件がものすごく良かったというのもありますが、高低差があるので絵作りしやすいのと、混んでいても人を外しやすいのが気に入ってます。ここは混んでいてもちょっと離れた神社が穴場だったりするのもポイントです。

c0204031_2305994.jpg


しかし、たった1日とはいへ毎年通っているとマンネリ化してきます。ファインダーを覗きながらあれこれ考えるワケですが、「うーん、こんな感じかな」と思ってシャッター押そうとした瞬間に、「いやいや、こんな絵は去年撮っただろーが、、、」とシャッターから指を離すことしきり。まぁ、オリンパスからキヤノンに鞍替えしたので、フルサイズ化しただけでも変わってきてはいると思うのですが。

c0204031_2345784.jpg


一番上のは、お友達からレンタルちうのシグマの15-30mmという超広角。この画格をどう使ってよいものやら、最初は戸惑ってばかりでしたが今回の紅葉でだいぶ掴んできました。2枚目はフルサイズの本領発揮の実にキレイな画。初代5Dはフィルムライクなおとなしい色ですが、少しいぢるとヴィヴィッドにもなります。3枚目はわたしらしい紅葉。スポットライトが当たったような場所を探して背景を落としてドラマチックな感じに。

c0204031_239454.jpg


最後はスナップで。紅葉はどちらかというとアタマであれこれ考えてじっくり撮るんですが、こういうスナップもありだと思いました。が、あまりにとっさだったのでせっかくのチャンスにピンが来てません(涙)。でも、こうやって少しずつでも作品の幅が広がっていけばいいな。

その他の作品はFlickrにアップしてます(http://www.flickr.com/photos/panda-dan/
[PR]
by panda-dan | 2013-11-19 23:17 | Comments(0)

Doll

また新しいセカイに突入しました、なんとコスプレです。

あ、いや、わたしがコスプレするんじゃなくて(笑)、コスプレする人、専門用語で言うところの「レイヤー」さん達を撮るワケです。つまり専門用語で言うところの「カメコ」ですね。標準語で言うところの「カメラ小僧」です。40過ぎて小僧はないと思いますが、、、(汗)。

c0204031_22161427.jpg


以前から写真仲間に「イベント行ってみようよ、ポートレートの勉強になるよ」と誘われていたんですが、今回たまたまヒマだったので初めてコスプレイベントに行ってまいりました。いやぁ、すごいセカイですよ、コレ。でも思っていたよりも雰囲気も良く、レイヤーさん達も良い人達ばかりで、とても楽しく撮らせていただきました。

c0204031_2221444.jpg


わたしはポートレートの経験が浅いので、自分からポーズをお願いするのがとても苦手です。ところがレイヤーさん達は慣れているので何も言わなくても上手にポージングしてくれます。二次元なのでどーしても笑顔が少ないのは仕方ないのかも知れませんが、それはそれで良いと思います。

c0204031_22274879.jpg


語弊がある言い方ですが、カメラの前の彼女達はお人形さんです。自分でキャラクターになりきり「見て!、撮って!」とポーズを取ってくれるので、それをストレートにカメラに収めるだけ。こちらから微調整をお願いしますが、キホン的な演出は彼女達が勝手にやってくれます。ああ、らくちん♪。

c0204031_22401736.jpg


しかし、それだけでは面白くないので、こうしてレタッチして遊んだりするワケです。彼女たちにはオリジナル画像を渡します。レタッチ前のオリジナルのセカイは彼女達がプロデュースした姿であり、レタッチした後はわたしのテイストを入れたわたしの作品です。

「カメコ」という、まぁ言うなればオタクなセカイに、最初はものすごい抵抗感と恥ずかしさがあったのですが、レイヤーさん達がとても良いコ達で撮影が終わって駄弁っているととても楽しかったので、だんだん恥ずかしさも消えていきました。まぁ、楽しいばかりでもないところもありましたが、良い経験になりました。また機会があれば行ってみようかなぁ。
[PR]
by panda-dan | 2013-11-06 22:48 | Comments(2)