歌写 "kasha" ~奏でる写真~

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

音だけで勝負したい

先日、ギター&パーカッション&タップという異色ユニット、 Conguero Tres Hoofersのライブに行ってきました。今代司酒造の酒蔵でのライブということで、これはぜひ撮りたい!とお願いしたところ、ステージサイドから撮らせていただけることに。会場の雰囲気や明るさを掴んでおきたいのでリハから入らせていただきました。

ところが会場が暗い。あたりまえです酒蔵ですから。持ってきたメインの5Dはバッグから出す気にもならず、高感度に強いパナのGM1で勝負します。まぁ、彼らのサウンドを事前に聴いて予習していた段階でシャッター音の目立つ5Dの出番は少ないだろうとは思っていましたが。

3人組、パーカッションとタップにはスポットが当たっていますが、ギターのところは真っ暗。あまりに差が激しいのでメンバーに聞いたところ「ギタリストは音だけで勝負したいというのでスポットは当てないんです、「静」ですね。「動」はパーカッションとタップが担当します」、、、なほるど。確かに事前に見ておいた動画でも黙々と弾くギタリストに対し、パーカッションとタップの激しさが対照的でした。しかしギタリストの出すサウンドは、他の二人のパフォーマンスにも劣らない、力強いサウンドを奏でていました。
c0204031_23052748.jpg
ならば!、わたしはこのギタリストを撮りたい!。一音一音を丁寧に、繊細に、そして力強く奏でる。弦を弾く、ナイロンの弦が揺れる、音の波が空気を貫いて突き進む、、、そんな瞬間を写真で捉えたい。カメラの感度をノイズが目立たないギリギリの6400まで上げ、45mm f1.8の単焦点レンズを使い肉眼でもよく見えないギタリストの表情を捉えようとしました。オートフォーカスも満足に効かないので、わずかに光が反射する場所でオートフォーカスを合わせた後でマニュアルで修正。観客から見えないところで、自らの出す音だけに集中しているギタリストの姿をなんとか捉えました。
c0204031_23055405.jpg
わたしもギター弾きのはしくれ。ギターという楽器をどうやって弾いて、どうすればどんな音が出るのか、少なくとも聴くだけの人よりは細かいところまで知ってるつもりです。そんなわたしだけが撮れる写真、ブログタイトルを「歌写」としたのは、そんな思いがあります。音楽だけでなく、他のジャンルでも表現者として被写体の思いや伝えたいことや雰囲気、空気感、、、そんなことが伝わってくるような写真が撮れるようになりたいです。

[PR]
by panda-dan | 2014-04-27 23:07 | Comments(2)

ありがとう

展示が終わりました。当日は会場を片付けた後、メンバーに送っていただき港まで直行して佐渡に行っちゃったので、自分の荷物の片付けは次の週末になりました。なんか一週間以上経ってようやく落ち着いた感があります。いやー、お疲れ様でした、じぶんw。

c0204031_23414973.jpg

まずは、今回のタイトルにもありますが「ありがとう」とあちこちに言いたいです。見に来てくれた方々、JACK KNIFE→のお二人、前日から展示を手伝ってくれた写真仲間達。もうどこを向いても感謝感激で、360度円周魚眼でアタマをペコペコ下げたいキモチです。大勢で協力して何かをやるということはよくあることですが、今回はわたしの展示であってわたしが主役(いやあくまで展示だけに限ったことで、実際はJACK KNIFE→とのコラボですが)。わたしのために、わたしの作品のために、みんなが支えてくれました。それがとても嬉しかったのです。

c0204031_23422606.jpg

考えてみると、これまでいろんなイベントをやってきましたが、自分一人が主役となることは全くありませんでした。誰かが主役でそれをサポートするとか、自分を含めたメンバーが全員が主役だとか、そんな感じ。それを一番感じたのは、前日準備で手伝ってくれたカメラ屋店主W氏の一言。「平原さんの展示なんだから、平原さんが指示して!」、、、ああ、そうか、そうですよね。この一言がなかったら、何も考えずただ誰かの指示を待っていたと思います。そうじゃない、わたしの展示なんだ。わたしの好きなようにやっていいんだ。これまでやってきたことは、誰かが中心となってそれをサポートしたり、一緒に相談しながら準備を進めてきましたが、今回はわたしが自由にやっていい。誰も否定しないし、誰も止めない。

c0204031_23440227.jpg

そうやってできあがった空間は、わたし一人の色で埋め尽くされていました。一面に飾られた作品は、当然のことながらわたしの作品だけなのですが、それが信じられません。今まではパソコンの画面でしか見たことのない自分の作品が会場一面に飾られ、プロジェクターにも次々と映し出される様は今まで経験したことで、なんかヒトゴトみたいな感じ。一枚一枚ながめていって、それが全部自分の作品だと認識できてくると、今まで感じたことのないキモチ良さというか達成感というか、なんかそんな感覚が沸いてきます。思い返してみると、この前日準備が終わったところが一番キモチ良かったような気がしますね。当日はあっという間に終わってしまいましたから。

c0204031_23442706.jpg

表現することについては自己満足と周囲の評価という二つの要素があると思いますが(これについてまた別の機会に論じます)、今回の展示について自己満足という点では今までに感じたことのないアドレナリンが分泌された感じがします。表現者として自己満足というのはどちらかというと周囲の評価よりも下だと思っていましたが、この達成感は別物だと思います。そんな究極のワガママが通ったわたしだけの世界を一緒に築いてくれた前述の皆さんに、あらためてお礼を言いたいところです。ホントにホントにありがとう!。

[PR]
by panda-dan | 2014-04-20 23:45 | Comments(2)

突然ですが、ブログタイトルが変わりました。というのも、昨今の機材総入替でとうとうオリンパスな人ではなくなってしまったので、おりんさんではなくなってしまいました(笑)。歌写でkasha、ライブフォトを撮るわたしにはぴったりだと悦に入っておりましたところ、ググってみたら既に使われておりました。CHAGE & 飛鳥のCHAGEさんが同名の写真集を出してらっしゃるのですね。まぁ、CHAGEさんとはたまたま同じギター持ってたりもする縁なので、別に構わないでしょう(上から目線w)。

さて、やっと展示が終わりました。たった1日でしたがホントにいろいろ勉強になりました。まだ写真もココロも整理がつかないので、これについては後日ゆっくり書きたいと思います。

季節ネタは鮮度の良いうちにUPしないと、、、ということで今回は桜です。みなさんよくおっしゃいますが、桜は難しいですね。あの微妙なピンク色を出すのは大変です。ホワイトバランスやら彩度をいぢって、挙句の果てにはわざとらしい色になるのがオチというw、わたしもダメです。せっかく天気が良いから撮りに行ったのに、青空と桜がちゃんとした色にならない。。。

c0204031_10102350.jpg


だったら最初からちゃんとした色で撮らなきゃいーじゃなーい♪。とゆーことで夜桜ですよ。ライトアップされてるから、そもそもピンクじゃないし、印影もはっきりするから撮りやすい。フィルムだと光量が少ないから大変だけど、デジタルなら問題なし。しかも先週から導入したパナのGM1は高感度にも強いので暗くてもへっちゃら♪。

c0204031_10162222.jpg


場所は新潟市内じゅんさい池。湖面に映る逆さ桜もいいし、なぜか焚き火を焚いているのでそれと絡めるのもいいと思いますが、実際三脚立ててる人も多かったんですが、直球勝負は苦手なので変化球ですw。ここまで暗いと感度12800まで上げてノイズ覚悟で撮るんですがオートフォーカスが効かないのでマニュアルでがんばりました。

c0204031_1043348.jpg


当然、人も大勢いるので(高田公園ほどじゃないけど)、そっちにカメラ向けた方が楽しい。GM1はミラーレスなのにコンデジ程度の大きさだからスナップも撮りやすいですね。タッチパネルでの操作が多いので操作ミスが少々やっかいですが、これは表示とメニューを整理して対処すればよろしいかと。

c0204031_1047373.jpg


こうなってくると、もはや桜じゃありません(笑)。

c0204031_10475458.jpg


桜の季節は短いです。今年も撮れてよかった。
[PR]
by panda-dan | 2014-04-13 10:30 | Comments(2)

個展

ひとさまのブログやらFBやらではさんざん宣伝していただいているのに、そういへば自分のブログには書いてなかつた(笑)。個展やります。

そもそもの発端は昨年の新潟ジャズストリート。ただ聴くだけじゃ面白くないと、カメラ持ってって出演者に承諾をいただいて撮らせてもらった。後で写真を見せると「ありがとう♪」と喜んでいただいたので、こちらも嬉しかったんだけど、そこから一歩進んだ反応がありました。それがJACK KNIFE→というユニットでした。

開演するだいぶ前から会場入りしてましたが、次々とステージに運ばれるマネキン、、、いったい何が始まるんだとワクワクし、この時点でかなり絵になりそうだと写欲も沸いてきました。手持ちのレンズで最も自由が利く場所に陣取り、開演前からアングルを決め本番に臨みます。

ステージが始まると、そのパフォーマンスに圧倒。ただの演奏だけでなく、芝居仕立ての構成でジャズというジャンルにこだわらないパフォーマンスは「何か新しいことをしたい!」というパワーに満ちあふれていました。夢中でシャッターを押し、興奮が冷めないうちにレタッチ。後日、写真を送ると、メンバーからすぐに反応が来ました。またぜひ撮って欲しいとのこと。

音楽だけじゃなく、総合的なアートで自分達の世界観を表現したかった彼らは、既に別なカメラマンに撮影をしてもらっていたらしいのですが、どうも納得がいかなかった様子。ところがわたしの写真を見て一発で気に入ったらしく、それがナンなのかは未だにわかりませんが(笑)、オファーが来た次第。そこからあれよあれよという間にハナシがどんどん大きくなって、まさかの砂丘舘でわたしの個展&JACK KNIFE→ライブのコラボイベントが実現することになりました。

当日は26枚の四つ切りサイズの作品と、A1サイズ(一般的なポスターサイズ)という大型作品を2枚を展示します。ポスターサイズはかなり迫力あります、これはちょっとクセになりそう(笑)。展示はJACK KNIFE→の写真ですが、ブック代わりにパソコンでわたしの個人的な作品をスライドショーで流す予定。またプロジェクターも使えるので、こちらでもスライドショーを流します。

これだけでもアマチュアの写真展としてはかなり異端ですが、さらに一発芸なパフォーマンスもやる予定。ライブをリアルタイムで撮影して、撮って出しそのまんまプロジェクターで流します。失敗してもそれがそのまま晒されるという、非常にキケンなパフォーマンス(笑)。wi-fiでデータを飛ばして次々とプロジェクターで見せる予定ですが、電波が届かなかったらライブ終了直後に一気に転送します。レタッチどころかトリミングしてる余裕もありません。

プレイヤーとしても音楽活動しており(できればこっちのオファーが欲しいw)、音楽の内側を知ってるのが強みのわたしが前から考えていたこと。それは「ミュージシャンとカメラでセッションしたい!」。ギターやピアノでアドリブを交わすバンドマンに混じって、わたしはカメラで彼らと共演したい!、それが実現します(電波が飛べばw)。

準備はコワいくらいに順調です。こうなると当日なんかあるんじゃないかと逆に不安になったりw。当日はどんなになるのか今から楽しみです。

c0204031_23121699.jpg
ご来場予定のみなさまへ。
駐車場がありません。近隣の有料駐車場をご利用願います。
ライブは中学生以下の方はご入場いただけません。

来てくれた方に満足いただけるパフォーマンスができるよう
最後まで気合いを入れて準備いたします♪。


[PR]
by panda-dan | 2014-04-01 23:15 | Comments(0)