歌写 "kasha" ~奏でる写真~

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ONE SHOT

一度しかシャッターが押せないとしたら、どう撮りますか?。


先日、万代ジャズフェスティバルというイベントがあり、お友達が出演するというので見に行きました。大御所ミュージシャンがプロデュースし、東京からやってくる実力派バンドと肩を並べてこのステージに立てるというのは、スゴイことなのです。彼らもこのフェスに出演するのが夢だったということで、せっかくだから写真撮ってあげなきゃと、フル装備で出かけたのでした。

熱心な地元ジャズファンが整理券配布から行列を作り、あいにくの天気にもかかわらず開場時刻になると会場を埋め尽くす。確かにこれだけのオーディエンスを前にして演奏するのはさぞかしキモチ良いでしょう。プレッシャーもあるだろうけど、そんなのハネ飛ばす彼らの表情を捉えたい。

が、このイベントは撮影禁止。そういへばばそんな気がしないでもなかったけど、あらためてMCから注意事項でそう言われちゃうと、堂々と撮るわけには行かない。お友達のバンドは肖像権がどうたら言われるようなメンバーではないにせよ、いつも撮らせてもらっているにせよ、ダメと言われていることをやるのはやはり気が引ける。

小さなミラーレスならば、こっそり撮ることもできるだろうけど、フルサイズ一眼に大砲みたいな望遠レンズという、どこから見てもカメラ小僧仕様はかえってアダになりました。撮るならば、カメラバッグからサッと出してパッと撮るしかない。仕方ない、それでいこう。運よく席は最前列のセンター近くを確保できました。この位置ならピアニストは目の前だし、ヴォーカルは確か左手でマイクを持つハズだから右サイドから狙える。。。

演奏が始まったら、どこでどう撮るかアタマの中でシミュレーションする。最初の2曲はまだ調子も出てこないだろうから、その間で全ての準備をする。3曲目、オーディエンスもノッてきた。そろそろ良い感じじゃないか、、、やるか!。バッグの中で手探りで設定して、とにかく失敗だけはしないように。後で修正できることは後でやれるよう、最もリスクが少ない方法を選ぶ。

撮った。

ピアノとヴォーカルのユニットなので、それぞれ一枚だけ撮って、すぐにカメラはバッグに突っ込んだ。ちゃんと撮れているか心配だったけど、ステージが終わるまでプレビューは見なかった。バッグからカメラを出すわけにもいかなかったし、どうせ一枚ずつしか撮れないなら、後は演奏を楽しもうと思ったから。

でも、やっぱり気になっていたので彼らのステージが終わったらすぐプレビューを見ました、、、よかった、とりあへず撮れてる。致命的なミスはなさそうだから、後は家に帰ってからにしよう。でも結局なにも修正しませんでした。だって一枚ずつしか撮ってないのだから、それ以上でもそれ以下でもなかったのです。

c0204031_23492989.jpg


c0204031_23495257.jpg


彼らのユニット名は「ONE SHOT ONE KILLING」。その名の通り、一撃必殺のライブフォトでした。
[PR]
by panda-dan | 2014-08-19 00:10 | Comments(0)

SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM

たまには機材ネタ、、、つーかハッキリゆって自慢です(笑)。

買っちゃいましよ、SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM。標準レンズは使用頻度が高いワリにCanonの50mm F1.8(撒き餌レンズとゆーらしい)しか持ってませんでした。安いのにとても良く写るレンズなんですが、使っててなんかこう充実感がない。フォーカスがジージーいうのも気になり始めると気になってしまう。写りには関係ないんだけど、撮ってるときのモチベーションも大事だしね。

なーんか良いレンズないかなー、と物色していたら作例を見て背中に電気が走ったレンズがありました。それがこのArt 50mm。もうキレッキレにシャープなんだけど、ボケもふわっとして美しい。細かい評価はわかんないけど、とにかく作例を見れば見るほど欲しくなる。わたし好みドンピシャでした。

c0204031_2044811.jpg


ということでヤフオクであまり使用してない出物があったので落札。届くのが楽しみで楽しみで、クロネコの営業所に受け取りに行ったらそのまま撮影に行こうとカメラも持って出かけ、ダンボールを開けるときのドキドキといったらもう、、、

で、厳重な梱包をバリバリと開けてみると、ああ、中古だもんねリアキャップが純正じゃなくてNikonって書いてあるよ、、、え゛、Nikon?。よく見るとFマウントとも書いてある、、、出品者が間違えてNikon用をCanon用として出品してたのでした(泣)。出品者は平謝りですぐに返品に応じてくれまして、後日、新品を購入いたしまして、こうして無事に使えることになりました。

実は上の作例の前にも実践投入してまして、他はFlickrにもアップしてありますが、いまいち使いこなしていない感じ。やっと少しは納得いく感じで撮れてきました。思わず触りたくなる立体感ですが、触ったらダメですよねw。
[PR]
by panda-dan | 2014-08-13 20:17 | Comments(0)

暑い夏こそHotなサウンドで

CoolなJazzに対して、今回はHotなRockで。先日、うちのバンドと一緒にステージに立った東京のバンド、the study room、このライブはレコ発ツアーという本格的に活動しているバンドです。他にも地元のバンドと一緒でしたが、彼らだけは際立ったパフォーマンスでした。サウンドだけでなく、動きや表情、カラダと魂の全てを使って音を出している、そんな感じでした。

c0204031_22225959.jpg


出音もすごくて、スピーカーの前にいると鼓膜が破れそうなので耳栓をして撮影。それでもガンガンを伝わってくる音圧。

c0204031_2227481.jpg


「どうだ、聴いてくれ!」という思い。「これでメシ食ってやるんだ!」という気合。ただ好きだというだけでは、どんなにがんばっても、この迫力は出せない。

c0204031_2232343.jpg


夢中でシャッターを切った。彼らの勢いに任せてシャッターを押しただけでは、彼らの思い、気合は伝えきれない。

c0204031_2246353.jpg


音楽にも写真にも生活がかかっていないわたしに撮れるのは、これが限界。そう、簡単に「限界」なんてゆってしまうあたりが、すでに甘いw。

c0204031_22464723.jpg


しかし、だからこそ撮れる写真もあると思う。縛られない、自由なアングルで。
[PR]
by panda-dan | 2014-08-07 22:49 | Comments(0)

暑い夏こそCoolなサウンドで

なーんとなくですが、ライブって夏と結びつく気がするんです。わたしの場合、冬場は山篭りとなるのでそれ以外の活動ができないというのもありますが、なーんとなく夏は音楽と相性が良い気がします。実際、フェスとか多いし。

当地では新潟ジャズストリートというイベントが夏と冬に開催されます。冬は当然山の予定が入っているのでダメですが、夏の開催は毎年楽しみにしてます。新潟の中心部の街中で複数の会場で同時多発的にライブが開催され、チケット1枚で一日中ライブが見放題。どの会場も満員の盛況ぶりです。

ライブを撮らせていただくようになって2年目、わたし自身もいちおうミュージシャンという面もあり、この1年でたくさんのミュージシャンと仲良くさせていただいてます。ということで今年のジャズストは、そんなお友達のステージを回るだけで精一杯。見たかったけど見ることができなかったステージもたくさんありました。そんな中で撮らせていただいたのがこちら。

c0204031_2257771.jpg


いろんな狙い方がありますが、やっぱり一番自由度が高く、さまざまな構図が狙いやすいのが一番前の席です。しかし会場によっては最前列は1席しかないなんて場所もあり、この会場はまさにそんな感じ。そうすると場所確保のための時間で前のステージが見らんなかったり、、、

c0204031_2304057.jpg


こちらの会場は自由度が高く、あちこちウロウロしながら撮ることができました。が、ステージからも客席が丸見えなので移動にも気を使います。目を三角にして撮影にばかり集中すると、顰蹙をかうような行動をとってしまったり、肝心の音楽がぜんぜん聴こえなかったり。それは楽しくないので、撮る・聴くのバランスが大事ですね。
[PR]
by panda-dan | 2014-08-06 23:03 | Comments(0)